ねずみ退治の方法とメリットデメリット

ねずみ退治の方法とメリットデメリット

家の中は意外とねずみが住み着いていることが多いものです。最近の家は内部が非常に快適で空間も非常に多いため、ねずみが快適に生活出来る条件が揃っているのです。特にキッチンの周辺は食材が保管してあり、調理の際に飛び散った野菜くずなどが落ちていることも有ることから、食べる物にも困らない絶好の環境となることも少なくありません。


しかし、ねずみは病原菌を媒介する危険性があるほか、家の中をかじってしまうため、家具などをかじってしまい被害が出てしまうことも有ります。

さらに屋内の電気配線などをかじってしまうと火災の危険もあり、見つけたらすぐにねずみ退治を行う必要があります。



ねずみ退治を行う方法はいろいろあり、それぞれにメリットデメリットが有ります。



その為、そのメリットデメリットを充分に理解して行うことが大切です。
マンガなどによく出てくる板ばね式のねずみ取りは板バネに挟まれたときにねずみが死んでしまうことが多いのですが、挟まれ方によっては内臓が飛び散ってしまうことが有るので注意が必要です。

又、かご式の罠はねずみを生け捕りに出来るものですが、生け捕りにしたねずみをどの様に処分するかを考えておく必要があります。毒入りの餌を使用する方法はねずみの死骸を見ることが無いので女性にはよく利用されますが、どこで死ぬかわからないため 屋根裏で死んだ際などにはその死骸を食べる別の動物が住み着いてしまう危険があります。

このようにねずみ退治にはそれぞれのメリットデメリットが有るので、その対処方法まで考慮した上で行うことが大切です。



Copyright (C) 2017 ねずみ退治の方法とメリットデメリット All Rights Reserved.