ファイル共有に見られる特徴について

企業において電子化が進んだことにより、グループウェアなどを利用してファイル共有が一般的に行われるようになっています。

その方法としては大きくふたつに分かれます。


ひとつは自社でサーバーを置いてシステムを構築するタイプと、もうひとつはクラウドを利用するものです。



それぞれに特徴は異なるものですが、まず自社でサーバーを保有する場合の特徴としては、企業ごとに業務に特化したシステムを組むことができる点が挙げられます。

クラウドによる既製品とは異なり、細かくハンドメイドによる使い勝手の良さを追求することができる利点があります。

日本経済新聞についての情報ならこのサイトです。

そのためにファイル共有で多く見られる課題となる、検索性能の向上も図ることができるわけです。

これは多くのメンバーがそれぞれに情報をファイル化して保存するのは良いのですが、その格納に一貫性がないことにより必要とする情報がなかなか探せないといった事態が発生しやすくなるものです。

この点において自社サーバーでシステムを組めば、そのファイルの管理に工夫を凝らすことができるわけです。一方でクラウドによる共有のメリットとしては、そのファイルサイズの増加に伴ってサーバーを増やすなどのコストが不要となる点が挙げられます。またシステム構築や機能の追加といった費用も少なく、また拡張性の高さも利点となります。
さらにセキュリティのチェックやメンテナンスなども不要となる手軽さごあります。

それぞれ企業によってどのような運用を行うのかにより、適する方を選ぶことになります。




Copyright (C) 2015 ファイル共有に見られる特徴について All Rights Reserved.