ねずみ駆除の方法について

ねずみ駆除の方法について

ねずみはどうしても出てきてしまうものです。しかし、何かかじられる前に対策する必要があります。

駆除業者に依頼することもできますが、費用がかかることもあるため手間がかかっても自分で行いたいという人は、自分でねずみ駆除する方法はあります。



自分でできるねずみ駆除の方法としては、様々なタイプの駆除グッズが販売されています。


バネ式の罠や籠式の罠、粘着シート、毒エサなどが一般的です。

設置式の罠はねずみの通路や出入り口近くの物かげなどにしかけます。

バネ式は食べ慣れているものをエサとして使いながらおびき寄せます。
バネで挟み込む圧力によってほとんどの場合、ねずみは死んでしまいます。

設置が簡単で何度でも使えるというメリットがある方法です。
籠式も同様ですが、ねずみを籠に閉じ込めるタイプのため生け捕りすることができますが、その後の処理が必要であったり、場所をとるというデメリットがあります。



粘着シートはねずみをシートにくっつけてねずみ駆除するものになります。

生け捕りするため後の処理が必要で、他の罠に比べれば安価という特徴があります。

また、なるべく多く隙間なく設置してきます。毒エサはねずみが好むエサに毒エサを混ぜて食べさせます。

即効性のあるものと、遅効性のタイプのものがあります。



ねずみによっては警戒心が強くエサを食べない場合があります。

どのタイプを使用するにしても、設置場所に気をつける必要があり、死骸は不衛生ですので不用意に触らずに処理することが大切です。

Copyright (C) 2017 ねずみ駆除の方法について All Rights Reserved.